竹内農園:粘土系の土壌で栄養たっぷり諸毛野菜(広島県府中市)
山の上から通信
  • dsc_5366
    2016年11月19日

    土が違う!

    竹内農園は標高400mを超える地点、府中市諸毛町で土作りから古漬けなどの製品づく...

土作りから野菜加工品作りまで

標高500m 「備後地域の屋根」にあります

諸毛の地域

竹内農園は備後地域(広島県府中市諸毛町)の高地にあります。高地といえば寒暖差があります。その気候は野菜の美味しさの秘訣です。寒いと野菜は栄養を蓄え、暖かいと成長が促されます。その差が大きいと、それが顕著になります。

「土が粘土質でいっぱい栄養を吸収しとるんよ」

諸毛の土をつかむ

この土。府中市諸毛町の土はこの地域では珍しい粘土質の粘りのある土です。粘りはリンなどの野菜の生育に必要な栄養分をキャッチして野菜に与えてくれます。なので、ここでとれる作物は美味しくしっかりした味わいなのです。

古漬け、土から作った野菜を採ってすぐ漬け込み、半年以上 土塀の蔵に寝かせています

古漬け

農園でとれた作物は、ほど近い土蔵作りの元農協の倉庫で漬け込まれます。土蔵は断熱が利いていて、夏場の暑さから漬物を守ります。すべて農園スタッフが行います。

竹内農園の作っているもの
daikonfuruduke

わしんちの古漬け(大根)

hakusai

わしんちの古漬け(白菜)

inquiry